ディスプレイの大型化と横幅ワイド化に柔軟に対応する

ワイドなディスプレイが流行ってます。
縦長のディスプレイは流行らないですね。
ウェブサイトは縦長ですから、縦長のディスプレイだと、スクロールの手間が省けていいのではないかなと思うのですが。

ディスプレイが大型化されるに従って、ウェブサイトも昔よりは見やすくなったことでしょう。
ただ、配慮の足りないウェブサイトも依然として存在しています。

ワイドディスプレイでは、ウェブサイトのレイアウトはセンタリングを基本として欲しいですよね。
左よりのレイアウトだと、逆に何もない右側が気になって仕方がありません。
リキッドタイプのレイアウトも、不自然に横幅をブラウザに対応させますから、見やすいとはいえないでしょう。

文字の大きさも、基本サイズを大きめに取るといいですよね。
最低限14ビクセルは欲しいところです。
Yahooなどの大手ポータルサイトはもっと大きいのではないでしょうか。

ただ気をつけたいのは、大型ワイドディスプレスにばかりに気をとられないことですよね。
ここはコーダーの腕の見せ所かもしれません。

ネットーユーザーの全てがデスクトップでインターネットを楽しんでいるとは限りませんし、ノートパソコンやネットブック、果てはモバイル端末まで、ウェブサイトの見え方を考える必要が出てきています。
ウェブサイト制作も大変な時代になってきました。

SEO被リンク バックリンク・システム

(1)アンカーテキストの集中分散 (2)独自のリンク元価値評価 (3)順位がアップダウンするリンクパターン(外部でも内部でも)解明。有料リンク疑惑や不自然なリンク判定を回避して、大量シンク神話もリンク否定風評も寄せつけない実績。

«
»