インターネット広告のバナー広告はなぜクリック率が悪いのか

インターネット広告は、どれが良いのかわからない、という悩みはWEB担当者には多いでしょう。
初めてネットビジネスに参入する場合でも、同様の悩みはあるかもしれないですよね。

ただ、ネットビジネスの経験が長くなるにつれ、悩みの種類が変わってきます。
「どれが良いか」より「どれが適切か」という悩みになっていくのです。

少々乱暴な悩み解決方法ですが、効果はあります。
何はともあれ、全てに広告を出して、効果を測定することです。

確実に、インターネット広告の種類ごとに、違いが出ますからね。
ある程度の推測や予想を立てることも必要です。
闇雲に出稿することは、経費の垂れ流しに過ぎないですから。

ここで、主な、インターネット広告を挙げてみます。
・バナー
・テキスト
・検索連動型
・コンテンツ連動型
・メール
・タイアップ
・アフィリエイト

一通りの経験がノウハウとなります。
気をつけたいのは、モノやサービスの売上げを目指すケースとブランドや事業を認知させるケースでは、同じ効果は期待しないほうが良いということです。

つまり、同じ広告であっても、目的が変われば効果も変わることを前提に、出稿してくださいということですね。
知らせる広告と実を取る広告があるということに気付けばよいのです。

バナー広告は一般的にクリック率は低いので、告知のための広告として利用するのです。

SEOのためのリンクと広告リンク
リンクの使い分けも必要になったアルゴリズムに対応出来るかどうかが今後のSEOのカギに。
www.algorism.co.jp/link/

«
»