リスクの低いSEO目的の有料リンクはあるのか

検索ランキングの秩序を乱す恐れのあるSEOに対しては、Googleは徹底的に排除することでしょう。
有料リンクによる検索ランキング操作の監視もそうです。

SEOに限らず、ウェブサイトはファイル同士のリンクで成り立っていますので、リンクというものが重要視されることは、至極当然のことですよね。


Googleは、SEO目的の有料リンクを嫌っているだけであり、広告目的であれば、rel=”nofollow”属性を付ける事で判別が出来るとしています。
逆に言うと、広告目的でもrel=”nofollow”属性が付与されていなければ、SEO目的の有料リンクと見なされる可能性はあります。

そもそも、どうやってGoogleがSEO目的の有料リンクという判定を下すかですが、これにはいろいろ判別方法はあるのですが、いくらGoogleであっても、完璧に見破ることは不可能です。

例えば、イベント等のスポンサーとなって、自社サイトへのリンクを貼ってもらうことは、どう判断するでしょうか。

チー・ムマイナス6%のウェブサイトでもリンクしてもらえることは既に知らせれています。
※詳細は公式サイトをご覧くださいね。

さらに、ウェブサイトやコンテンツを買い取ってしまい、リンクを掲載したり、301リダイレクトさせたりするケースでも、SEO目的かどうかは非常に判断が難しいところでしょう。

低リスクなSEOの被リンク構築
リスクゼロは有り得ないSEOの中でも急降下の原因になりにくい被リンクを構築する方法とは
www.algorism.co.jp/link/

«