商談相手がSEO経験者と全くのド素人では成果が既に見えている気がする

SEOサービスで、そそられるセールストークと言えば、安いこと、上位表示が高確率なこと、などでしょうか。
これらは全て表面的なSEOでしかありません。

もし、高確率で上位表示が実現したならば、なぜ、そこの業者に世界中からオファーが来ないのでしょうか?
安いのは、外注にSEO施策を出しているから、とも考えられませんか?


内部事情を言うのは、アレですが、SEOの世界も元請と下請けがあります。
どこの業界でもそうですが、ブランド力や営業力のあるSEOサービス会社が契約を持ってきて、実行部隊は別の組織の作業員にやらせて低コスト化を図る事は、よくあることです。

例えば、月額2万円以下のSEOサービスでは、大体、下請け業者または下請けSOHO事業者に半値以下で仕事を出していることも考えられます。
※ここは断定はしません・・・

すべてのSEO業者が、このような仕組みを築いているとは言いません。
このようなやり方もあるということです、上位表示だけにこだわるのならば、という条件が付きますが。

SEOはマーケティングです。
商談した営業マンが、SEOの実践経験があるかどうかで、実は、その成果が見えてくることもあります。

安い、上位表示、ばかりを強調するのは、そういった実践経験の無さをカバーしているだけかも知れませんよ。

SEOで売上アップを狙う
上位表示で売上も含めた施策がこれからのSEOであるべき。最新SEOノウハウ提供。
www.algorism.co.jp/

«
»