オンラインマーケティングの作業内容効率化の手順

理想的なオンラインマーケティングの作業というはの、それぞれ意見が異なると思いますが、必要な作業がいくつあって、どれだけの時間を割いているのかを、客観的に把握しておくことは必要ではないでしょうか。

優先順位の高い作業には多くの時間を割くことは、業務効率化の観点からも大切なことですし、時間をかけた割には、効果の少ない作業は、見直しをしなければなりません。

オンラインマーケティングの作業内容を、仮に、
1.コンテンツ制作
2.ウェブサイト改善とメンテナンス
3.キーワードや競合を含めた市場調査
4.アクセス解析・調査
5.コミュニティ戦略
6.リンクビルディング
とすると、数字は優先順位を示します。

もしも、実際に1週刊の作業割合を記録して集計していくと、優先順位の高い作業に多くの時間が割けていれば、オンラインマーケテイング担当者としては、効率の良い仕事をしていることになるでしょう。

もちろん、結果が伴っていれば、の話ではありますが、少なくとも、必要であるにも関わらず苦手な作業だからと言って、優先順位の高い作業を後回しにしているというようなことは避けることが出来ます。

優先順位も便宜上、取り上げただけであり、ケースバスケースで作業内容は変化するものと思います。
作業内容についても細かく書き出して、その作業が本当に機能してしいるのかをチェックすることも忘れてはならないことだと思います。

«
»