seotemplate

更新頻度がSEOに有効となるのは不自然でない場合

更新頻度を上げるとSEOに有効という情報について考察してみます。

情報をそのまま鵜呑みにした場合は、ブログが圧倒的に有利ですね。
ホームページの場合は、更新の手間が煩雑になることも多く、ブログのように手軽に更新ということには不向きです。

では、ブログがホームページをSEOで有効さを上回るのでしょうか。


“更新頻度がSEOに有効となるのは不自然でない場合” の詳細は »

SEO初心者が犯しやすい失敗や落とし穴をピックアップ

SEO初心者が犯しやすい失敗や落とし穴をピックアップしてみます。

これから書き記すことに該当したSEO初心者は、ショックを受ける必要はありません。
SEOに携わっている人のほとんどが経験しているであろうことだからです。

でも、この経験を早くしていれば、一皮向けることも早いのではないですか。


“SEO初心者が犯しやすい失敗や落とし穴をピックアップ” の詳細は »

アクセスアップの原理原則は人が人に伝えるという事実から

ブログのアクセスアップについて、秀逸な記事はたくさんありますが、フォーマルなブログとインフォーマルなブログとでは、同じ戦略ではありません。

フォーマルなブログは企業のビジネスブログや氏名を公表してのナレッジベース的なブログを、インフォーマルなブログは匿名での話題提供型ブログや日記系のブログと便宜上定義付けします。


“アクセスアップの原理原則は人が人に伝えるという事実から” の詳細は »

なぜ商品説明文はコピーされてもスパムにはならないのか

なぜ商品説明文はコピーされてもスパムにはならないのか、と考えたことはありますか。

ショッビングサイトでは無数の商品が販売されていますが、同じ商品を複数のショッピングサイトが販売していることは珍しいことではありません。

むしろそれが当たり前なのはネット通販だけでなくデパートやスーパーでも同様ですね。


“なぜ商品説明文はコピーされてもスパムにはならないのか” の詳細は »

 

SEOエキスパートは先輩の背中を見て育つものではない

SEOの内部要因は、タイトル、meta情報、h1タグ、そして内部リンクのアンカーテキストが主な作業内容です。
もちろん本文や画像のalt属性についても重要な作業内容ですが、少なくとも最優先して取り組んで欲しいのは、冒頭の項目であろうかと思われます。

この内部要因の最適化は、ページ数が多ければ、非常に煩雑になるので、多少面倒ではありますが、図解つまり可視化できるように資料としてまとめておくとメンテナンス時に便利です。


“SEOエキスパートは先輩の背中を見て育つものではない” の詳細は »

ユーザーエクスペリエンスって想像が難しいんじゃないかな

最近、非常に気になる言葉としては、「ユーザー体験」があります。
ユーザーエクスペリエンスという言い方の方が一般的なのかもしれませんが、どういう概念かは、説明するまでもないでしょう。

が、漠然としてませんか?
「今後は、ユーザーエクスペリエンスなコンテンツを提供して・・・」なんて言われると、それらしいものが想像されるかも知れませんが、具体的にはコレというものが無いですからね。


“ユーザーエクスペリエンスって想像が難しいんじゃないかな” の詳細は »