seminar

究極の選択と言うのは大げさかSEOのインハウスとアウトソースの問題

SEOの内製化と外注化で悩んでいる経営者の方にとっては、まさのこの問題は、究極の選択に等しいものと思います。

我々SEOエキスパートの立場からすると、どんどん外注化を促進して欲しいところではありますが、客観的に見てみますと、やはりメリットデメリットはあるわけですね。

イチSEOエキスパートとしては、判断基準程度は提供してあげられると思います。


“究極の選択と言うのは大げさかSEOのインハウスとアウトソースの問題” の詳細は »

マーケティングストーリーあってのエントリーフォーム最適化

入力フォームに関しては、WEB担当者もホームページ製作者も当たり障りの無い入力項目をピックアップして、作り上げているのではないでしょうか。

最近でこそ、EFOつまりエントリーフォーム最適化という概念が出てますが、エントリーフォームの入力ページの見直しに関するポイントについて考察してみたいと思います。


“マーケティングストーリーあってのエントリーフォーム最適化” の詳細は »

ドメイン移転に必要な作業項目を挙げてトラブルを回避

ドメイン移転は大変な作業です。
下手を打つと、新しいドメインでのインデクスがままならないどころか、トラブルによるアクセス数のダウンが最も痛いものです。

そうならないためには、ドメイン移転に必要な作業項目をピックアップして、手順を文書化しておくことではないでしょうか。
大規模なショッピングサイトに至っては、売上げに直接影響することは、絶対に避けたいところですので、慎重にやっていく必要がありますよね。


“ドメイン移転に必要な作業項目を挙げてトラブルを回避” の詳細は »

価値の無い相互リンク依頼メールの特徴を大公開

相互リンク依頼のメールを受け取ることが多いウェブサイトオーナーは、メールの内容を読むだけで、リンクに値する価値が無いパターンがわかっていると思います。

相互リンクに値しないメールには、いくつか共通点があり、今回のエントリーは、突然の相互リンクメールについて頭を悩ませているウェブサイトオーナーに対しての処方箋です。


“価値の無い相互リンク依頼メールの特徴を大公開” の詳細は »

 

検索エンジン最適化は包括的なウェブサイト設計を指すこともある

ウェブサイトの制作が完成したり、定期メンテナンスでページ数やリンクが増加してくると、トップページも当初よりレイアウトやコンテンツに変化が出てきます。

そこで、是非チェックしておきたいのは、クローラーがウェブサイト全体を、どう捉えているかということです。
つまりクローラーがどうページを読み込んでいるのか、これを知ることで、設計を立て直すことが出来ます。


“検索エンジン最適化は包括的なウェブサイト設計を指すこともある” の詳細は »