ragnarok

Google Analyticsのあまり気に留められない意外な事実

Google Analyticsはアクセス解析ツールの中でも、無料で提供されている最高レベルのものです。
まあ、初心者には取っ付き難いイメージがあるようですが、最初は誰でも初心者です。
使えない理由にはなりません。

この、Google Analyticsは、実は、あまり気に留められていない意外な事実があるのですが、ご存知でしたでしょうか。
ハッとするユーザーも多いかもしれません。


“Google Analyticsのあまり気に留められない意外な事実” の詳細は »

ブログタイトルに数字を使って自分をイメージさせよう

極めて上手いタイトルの付け方をするブロガーは、たくさん存在します。
名タイトルを生む秘訣は、パターンを知ること、と言われているのですが、そのパターンについて述べている記事もありますので、検索してみるといいでしょう。

世の中には、ありとあらゆるところで、タイトルのセンスを磨く場所があります。
本屋さんなどは、格好のトレーニングの場です。


“ブログタイトルに数字を使って自分をイメージさせよう” の詳細は »

オンラインマーケティングを説明するための資料

クライアント候補との商談で、最も多いであろう質問は「オンラインマーケティングで一番優れているものは何ですか?」というものではないでしょうか。

気持ちはわかりますよね。
効率的に成果を出したいのでしょうが、選択肢が多すぎて絞れない様子が手に取るようにわかりますよね。


“オンラインマーケティングを説明するための資料” の詳細は »

スモールビジネスでのパーソナルブランディングの重要性

個人ビジネスオーナーのブランディングは、もっと積極的にやってもいいのではないでしょうか。
これは、個人ビジネスオーナーだけでなく、小規模企業なら従業員全員をブランディングしても、おもしろいと思うのですが、いかがでしょうか。

ブランディングの目的は、クライアント候補や取引先候補に対して信頼を得る上では、非常に大切な活動ではないでしょうかね。
経験、実績、ものの見方、仕事の情熱、失敗談など、存分に自分を知ってもらいましょう。


“スモールビジネスでのパーソナルブランディングの重要性” の詳細は »

 

meta keywordsのベストプラクティスを明示しておこう

SEOのベストプラクティスをまとめることは、SEO作業において一定の質を維持することに役立ちます。

例えば、タイトルタグですが、
「メインキーワード | ブランド名」または「キーフレーズを含めた一文 | ブランド名」
などと、具体的に書面化しておくことで、リファレンスとしても利用できます。


“meta keywordsのベストプラクティスを明示しておこう” の詳細は »

新規ブロガーに送るブログ開設でやっておきたいことリスト

新たにブロガーとしてデビューする方のためのエントリーです。
ブログ開設時に、出来ればやっておきたいことをリストアップして、ブロガーデビューをスムーズに行える手助けとなれば幸いです。

出来るだけ長くブロガー生活を継続していきたいはずですし、コンテンツの質もキープしておきたい、訪問者も多くしたいのはブロガー共通の願いでしょう。


“新規ブロガーに送るブログ開設でやっておきたいことリスト” の詳細は »

 

プラシーボ効果をオンラインマーケティングに応用する

プラシーボ効果をご存知でしょうか。
プラシーボ効果とは、簡単に言うと思い込みの効果というものです。

人は根拠無く、自分の判断だけで対象物のイメージを膨らませ、どんどんその思いは固定化されていきます。
それを否定されることを嫌ったり、逆に、正論として相手を説き伏せることも厭わないのが思い込み効果のひとつですね。


“プラシーボ効果をオンラインマーケティングに応用する” の詳細は »

トップレベルメニューに「当社」「理念」の語句は必要ない

トップのメニューをSEOし忘れているケースがよく見受けられます。
特にアクセスの少ないコーポレートサイトは、誰も検索しないような語句を用いる傾向がありますよね。

具体的には、「当社について」「当社の理念」「当社のサービス」といったメニューです。
もっとキーワードを入れる方が確実に検索ランキングに影響してきます。


“トップレベルメニューに「当社」「理念」の語句は必要ない” の詳細は »

 

有形無実化の雰囲気さえあるトラックバックの功罪

今はもう有形無実化してしまったかのような雰囲気さえあるトラックバックの功罪について、改めて考えてみましょう。

トラックバックはまだニュースサイトでも利用されていますが、トラックバックはそもそもSEOの観点で被リンクを増やすために多用された時期もありましたが、そもそもは被リンク稼ぎのシステムではなかったはずです。

他人のブログの記事を引用した時や相手のブログテーマと自身の記事に関連があるなどにおいて、自分の記事を通知することが目的だったのです。


“有形無実化の雰囲気さえあるトラックバックの功罪” の詳細は »