検索エンジン

SEOの迷信と戦うのがSEOエキスパートと胸を張って言えるかどうか

SEOに纏わる迷信や都市伝説は、インターネット上にゴロゴロ落ちています。

どれを信用していいのか、という悩みを持っておられる方もいますが、一番確実な情報と言うのは、実は、自らの体験で得た情報なんですよね。

これは誰もが否定し難いものだと思いますよ。


“SEOの迷信と戦うのがSEOエキスパートと胸を張って言えるかどうか” の詳細は »

Googleのページランク至上主義神話は崩壊したのか

ページランク神話が崩壊しつつある現在では、Googleツールバーのページランクを表す緑色のバーは何を意味するのかを考えなくてはなりませんね。

元々ページランクは、ウェブサイトのリンク構造をGoogle独自の評価基準によって、ゼロから10までの数字で表したものです。
ページランクが高ければSEOに有利という情報が出回りましたが、単に被リンクを増やして内部リンクを最適化しつづければ、ページランクの数値は上がっていきました。


“Googleのページランク至上主義神話は崩壊したのか” の詳細は »

更新頻度がSEOに有効となるのは不自然でない場合

更新頻度を上げるとSEOに有効という情報について考察してみます。

情報をそのまま鵜呑みにした場合は、ブログが圧倒的に有利ですね。
ホームページの場合は、更新の手間が煩雑になることも多く、ブログのように手軽に更新ということには不向きです。

では、ブログがホームページをSEOで有効さを上回るのでしょうか。


“更新頻度がSEOに有効となるのは不自然でない場合” の詳細は »

なぜ商品説明文はコピーされてもスパムにはならないのか

なぜ商品説明文はコピーされてもスパムにはならないのか、と考えたことはありますか。

ショッビングサイトでは無数の商品が販売されていますが、同じ商品を複数のショッピングサイトが販売していることは珍しいことではありません。

むしろそれが当たり前なのはネット通販だけでなくデパートやスーパーでも同様ですね。


“なぜ商品説明文はコピーされてもスパムにはならないのか” の詳細は »

 

もっと検索エンジンのことを知る努力をしよう

検索エンジンのことをどれほど知っているかを確認することは、SEOの作業をする上での実務遂行能力を計るバロメーターとなります。

検索エンジンは情報のデータベースですが、ウェブ上で競合するビジネスサイトの動向を見るための最も有効なツールです。
ライバルのウェブサイトの動向を追跡することで、自社サイトの戦略の見直しや戦術の再選択、SEOの強化など課題とその対策を打ち出すことが可能になります。


“もっと検索エンジンのことを知る努力をしよう” の詳細は »

被リンクは必要で発リンクは不要を唱える人は人間関係を見よ

リンクはSEOにとっては重要な要素のひとつですが、SEOを語る上で被リンクの重要性を説くことは多いのですが、発リンクに至ってはマイナスとなるような記述もあり、実際のところはどうなのかと、疑問に思っている人は多いのではないでしょうか。

検索エンジンがウェブサイトを評価する上で、被リンクによる支持の多さと発リンクによる関連深いサイトの紹介があれば、そのウェブサイトはユーザーにとって有効な情報を保有し、かつ参考となるサイトとして推されていると判断するでしょう。


“被リンクは必要で発リンクは不要を唱える人は人間関係を見よ” の詳細は »

 

究極の選択と言うのは大げさかSEOのインハウスとアウトソースの問題

SEOの内製化と外注化で悩んでいる経営者の方にとっては、まさのこの問題は、究極の選択に等しいものと思います。

我々SEOエキスパートの立場からすると、どんどん外注化を促進して欲しいところではありますが、客観的に見てみますと、やはりメリットデメリットはあるわけですね。

イチSEOエキスパートとしては、判断基準程度は提供してあげられると思います。


“究極の選択と言うのは大げさかSEOのインハウスとアウトソースの問題” の詳細は »

ロングテール戦略のために1ドメインのインデクス数の平均値を知る

ロングテールを拾うには、インデクス数がモノを言うことがあります。
大規模サイトが売上げを上げるのは、商品数の多さもひとつの武器になっています。

売れるかどうかわからないものまで、通販商品として品揃えしていることろに、強さの秘密があります。
例え、1アクセスでも期待できるのなら、ウェブページにしておき、そこからメインサイトや他の商品へのリンクを貼るという戦略です。


“ロングテール戦略のために1ドメインのインデクス数の平均値を知る” の詳細は »

 

SEO業者を掛け持ちで契約する必要はどこにあるのかをリサーチ

SEO業者の掛け持ちを考えている企業は、はっきり言って資金的に余裕があるのか、先行契約した業者さんに不信感を抱いているかのどちらかでしょうね。

個人経営者が掛け持ちするのは、恐らくリンク獲得目的でしょう。
つまり格安の有料リンクを、少しでも多くやっとけ、みたいな感じでしょうかね。


“SEO業者を掛け持ちで契約する必要はどこにあるのかをリサーチ” の詳細は »

Google Analyticsのあまり気に留められない意外な事実

Google Analyticsはアクセス解析ツールの中でも、無料で提供されている最高レベルのものです。
まあ、初心者には取っ付き難いイメージがあるようですが、最初は誰でも初心者です。
使えない理由にはなりません。

この、Google Analyticsは、実は、あまり気に留められていない意外な事実があるのですが、ご存知でしたでしょうか。
ハッとするユーザーも多いかもしれません。


“Google Analyticsのあまり気に留められない意外な事実” の詳細は »