戦略

企業の強みと現場の声を基にシナリオを描く戦略的SEO

戦術が注目されるSEOですが、戦略を持てないSEOは上位表示しか成果として現れません。

戦略と戦術を混同しないために、ここで整理しておきますと、戦略は戦い方についての方針や戦力分析に基づく戦闘計画を意味し、戦術は戦略に基づく具体的な手段による戦闘方法を指します。

SEOの戦略とはどういうものでしょうか。


“企業の強みと現場の声を基にシナリオを描く戦略的SEO” の詳細は »

1ページあたりのコンテンツボリュームと広告の関係

1ページあたりの文字数はどれぐらいが適当か、という疑問を抱いている人が多いようです。
恐らくアドセンス広告をウェブサイトに掲載する場合は、500文字以上が必要である、という実しやかな情報が氾濫したためかもしれません。

アドセンス広告の話と絡めて1ページあたりのコンテンツボリュームについて考えてみます。


“1ページあたりのコンテンツボリュームと広告の関係” の詳細は »

究極の選択と言うのは大げさかSEOのインハウスとアウトソースの問題

SEOの内製化と外注化で悩んでいる経営者の方にとっては、まさのこの問題は、究極の選択に等しいものと思います。

我々SEOエキスパートの立場からすると、どんどん外注化を促進して欲しいところではありますが、客観的に見てみますと、やはりメリットデメリットはあるわけですね。

イチSEOエキスパートとしては、判断基準程度は提供してあげられると思います。


“究極の選択と言うのは大げさかSEOのインハウスとアウトソースの問題” の詳細は »

ビジネス戦略としての掲示板の運営はもはやメリットは無いのか?

掲示板のスレッドを直接検索でヒットさせるには、どうすれば良いでしょうか?

特に、Yahoo!知恵袋などのQ&Aサイトでは、キーワードに関連するスレッドが検索結果に表示されていたりしますから、掲示板を利用した集客も戦略のひとつとして検討の余地はありそうです。

“ビジネス戦略としての掲示板の運営はもはやメリットは無いのか?” の詳細は »

 

SEOはウェブサイトを介してマーケッターの総合力の現れではないか

総合格闘技というジャンルの選手を見てみると、ベースのスポーツがあって、そこから総合格闘技に必要なスキルを身につけている感じがします。

柔道やレスリングをベースとした選手が多いと見ているのですが、打撃技もある程度のレベルがあってこそ、得意の戦術に持ち込めるのかなと思っています。
結局は、スキを無くすことが、総合格闘技には必要なのでしょうね。

“SEOはウェブサイトを介してマーケッターの総合力の現れではないか” の詳細は »

SEOはリスティング広告市場に埋もれてしまう運命なのか

SEOとリスティング広告の同時利用は、もはや一般的・・・でもなさそうです。
どちらかと言うと、リステイング広告の方が食いつきはいいですよね。

現実的な話として、リスティング広告市場の伸びは、SEOのそれを上回ってますしね。
SEOはどうしても成果が見えるのが一ヶ月以上かかるので、長期的な戦略には向いていると思いますが。


“SEOはリスティング広告市場に埋もれてしまう運命なのか” の詳細は »

 

SEO能あるタカが爪を隠さずにどんどん強いものにしようとしているスゴさ

世の中はパクリだらけです。
と言うのは大げさかもしれませんが、ビジネスモデルが似ている、或いはほとんど同じということがゴマンとありますよね?

SEOもネタのパクリどころか、この「SEO塾」というキーワードも平気で他社や個人が使っています。
商標登録してることを知らない、いや、類似商号があるかどうか事前に調べないような法人や個人のサービスは受けたいですか?


“SEO能あるタカが爪を隠さずにどんどん強いものにしようとしているスゴさ” の詳細は »

SEMで大事なのはブルーオーシャン開拓のアンテナを常に張っておくこと

リンク獲得してますか?
いきなりの質問失礼しました。
リンク構築はウェブサイトの要ですし、SEOにおいても重要な施策ですが、一番厄介で退屈で面倒な作業なんですよね。

だからこそ、やったもの勝ち、という単純明快な図式がなりたっているわけですが。
どの世界もそうですが、他人があまりやっていないことをやると、トップに立てる確率は非常に高くなるんですよね。


“SEMで大事なのはブルーオーシャン開拓のアンテナを常に張っておくこと” の詳細は »

 

SEO専門バカにならないための「逆T字」「山型」スキル習得

SEO担当者だからと言って、SEOだけに没頭すると「専門バカ」になってしまい、思考の多様性が欠落してしまうことは避けたいものです。
いろいろと経験して、得意分野外は広く浅く勉強していこうではありませんか。

能力やスキルは「逆T型」や「山型」を目指すといいかもしれません。
逆T型はひとつの能力やスキルを得意とすることで、山型は専門分野の補完する複数の能力やスキルを有するイメージです。


“SEO専門バカにならないための「逆T字」「山型」スキル習得” の詳細は »

名刺を広告ツールに変換する発想が高いコンバージョンを生む

名刺はビジネスアイテムとして、広く使われていますが、無味乾燥な名刺も多いですよね。
特に、大企業の社員の名刺はシンプルで、名前、部署名、肩書きと所在地程度で終わっています。

せめて顔写真や自分の特徴などを書いておいても損はないと思うのですが、コスト削減の折、名刺を安上がりに済ませたのでしょうかね。


“名刺を広告ツールに変換する発想が高いコンバージョンを生む” の詳細は »