マインド

広告を食い物にするアフィリエイターに配信しない

コンテンツ連動型広告を利用して、結構な報酬を計上しているアフィリエイターは数多く居ます。

アフィリエイターの存在を否定するわけではありません。
ただ、コンテンツ連動型広告が、今後、利用価値がある広告サービスなのかを考えると、疑問に思うことはありますよね。

広告主である企業にとって、クリック報酬を提供しているのは、他ならぬ広告主なのですから。


“広告を食い物にするアフィリエイターに配信しない” の詳細は »

SEOエキスパートを目指すSEOビギナーの壁とは

SEOエキスパートの定義は明確なものはありません。
SEOの実力や実績はともかく、名乗ってしまえばSEOエキスパートに今日からでもなれるという有様ですが、安易な宣言は自分のためにはなりませんね。

SEOビギナーがSEOエキスパートとして第三者から認められるためには、どういう壁を乗り越える必要があるのでしょうか。
マインド面や実務面から考えてみたいと思います。


“SEOエキスパートを目指すSEOビギナーの壁とは” の詳細は »

成功法則を学ぶ前に一円を作り出す術を体得せよ

成功法則マニアという言葉を知ったのは、ごく最近のことです。

どういう意味かというと、成功法則に関する書籍や文献、ネット上の記事などを読み漁り、自身も成功者を目指しているが現状から抜け出せずに、成功法則の知識だけは豊富な人のことを指すらしいのです。

成功法則本を読んで、その気になったり、ただ感心するだけにも関わらず、ついつい追いかけてしまうのはなぜでしょう。


“成功法則を学ぶ前に一円を作り出す術を体得せよ” の詳細は »

アクセスアップに困っているWEB担当者の実態

とにかくウェブサイトはアクセスが慢性的に不足することが多く、アクセスアップはWEB担当者の最大の悩みであり、ずっと付きまとう課題です。

アクセスアップの記事が人気があるのは、そうした背景があるからですが、アクセスアップ系の記事や電子マニュアルを読んだところで実行しないWEB担当者も多いのも事実です。


“アクセスアップに困っているWEB担当者の実態” の詳細は »

 

消費者の心理や行動を知ることはマーケティングにプラス

消費者の感情や心理を活用したマーケティングは、エモーショナルマーケティングと呼ばれています。
これをウェブサイトに応用出来ないものでしょうか。

実店舗では、店員さんの態度によっては、大きく購買意欲が失われてしまったり、逆に、予算以上に買ってしまったりすることがあると思います。
ウェブサイトの対応は無機質であってはいけないですよね。


“消費者の心理や行動を知ることはマーケティングにプラス” の詳細は »

SEO専門バカにならないための「逆T字」「山型」スキル習得

SEO担当者だからと言って、SEOだけに没頭すると「専門バカ」になってしまい、思考の多様性が欠落してしまうことは避けたいものです。
いろいろと経験して、得意分野外は広く浅く勉強していこうではありませんか。

能力やスキルは「逆T型」や「山型」を目指すといいかもしれません。
逆T型はひとつの能力やスキルを得意とすることで、山型は専門分野の補完する複数の能力やスキルを有するイメージです。


“SEO専門バカにならないための「逆T字」「山型」スキル習得” の詳細は »

 

緊急課題 ウマの合わないクライアントと契約すべきか

SEO事業をやっていく上で、多くのクライアントと接していると、気づかされることがたくさんあります。
その多くは、「次から気をつけよう」というものなのですが、これを知るのと知らないのとでは、事業継続に大きな影響を与えるのではないでしょうか。

SEO事業を継続していく上で、注意しておきたいことを、あえて公開してみたいと思います。
クライアントの利益を守るためにも、必要なことではないでしょうかね。


“緊急課題 ウマの合わないクライアントと契約すべきか” の詳細は »

オンラインマーケティングの作業内容効率化の手順

理想的なオンラインマーケティングの作業というはの、それぞれ意見が異なると思いますが、必要な作業がいくつあって、どれだけの時間を割いているのかを、客観的に把握しておくことは必要ではないでしょうか。

優先順位の高い作業には多くの時間を割くことは、業務効率化の観点からも大切なことですし、時間をかけた割には、効果の少ない作業は、見直しをしなければなりません。


“オンラインマーケティングの作業内容効率化の手順” の詳細は »

 

トラフィックの交換活動は自己満足の世界に過ぎない

アクセス数を取引することについて、考察してみたいと思います。

トラフィックエクスチェンジや応援ポチなどの相互アクセスアップ行動は、果たしてウェブサイトにとって効果はあるのでしょうか。
もしも、これらの活動が有効であるならば、何らかフォーラムで実証結果が披露されてもよいはずですよね。

効果的ならばビジネスサイトで、積極的に取り入れられるはずなのですが・・・。


“トラフィックの交換活動は自己満足の世界に過ぎない” の詳細は »