アクセスアップの原理原則は人が人に伝えるという事実から

ブログのアクセスアップについて、秀逸な記事はたくさんありますが、フォーマルなブログとインフォーマルなブログとでは、同じ戦略ではありません。

フォーマルなブログは企業のビジネスブログや氏名を公表してのナレッジベース的なブログを、インフォーマルなブログは匿名での話題提供型ブログや日記系のブログと便宜上定義付けします。


“アクセスアップの原理原則は人が人に伝えるという事実から” の詳細は »

バックリンクのメンテナンスは被リンクツールと目視の併用で

リンクのメンテナンスは定期的に行ってください。
ここでのリンクは当然、外部リンクです。

デッドリンクをページに残すことほど、無意味なことはありません。
デッドリンクは早急にページから削除しましょう。


“バックリンクのメンテナンスは被リンクツールと目視の併用で” の詳細は »

広告を食い物にするアフィリエイターに配信しない

コンテンツ連動型広告を利用して、結構な報酬を計上しているアフィリエイターは数多く居ます。

アフィリエイターの存在を否定するわけではありません。
ただ、コンテンツ連動型広告が、今後、利用価値がある広告サービスなのかを考えると、疑問に思うことはありますよね。

広告主である企業にとって、クリック報酬を提供しているのは、他ならぬ広告主なのですから。


“広告を食い物にするアフィリエイターに配信しない” の詳細は »

SEOエキスパートを目指すSEOビギナーの壁とは

SEOエキスパートの定義は明確なものはありません。
SEOの実力や実績はともかく、名乗ってしまえばSEOエキスパートに今日からでもなれるという有様ですが、安易な宣言は自分のためにはなりませんね。

SEOビギナーがSEOエキスパートとして第三者から認められるためには、どういう壁を乗り越える必要があるのでしょうか。
マインド面や実務面から考えてみたいと思います。


“SEOエキスパートを目指すSEOビギナーの壁とは” の詳細は »

 

なぜ商品説明文はコピーされてもスパムにはならないのか

なぜ商品説明文はコピーされてもスパムにはならないのか、と考えたことはありますか。

ショッビングサイトでは無数の商品が販売されていますが、同じ商品を複数のショッピングサイトが販売していることは珍しいことではありません。

むしろそれが当たり前なのはネット通販だけでなくデパートやスーパーでも同様ですね。


“なぜ商品説明文はコピーされてもスパムにはならないのか” の詳細は »

成功法則を学ぶ前に一円を作り出す術を体得せよ

成功法則マニアという言葉を知ったのは、ごく最近のことです。

どういう意味かというと、成功法則に関する書籍や文献、ネット上の記事などを読み漁り、自身も成功者を目指しているが現状から抜け出せずに、成功法則の知識だけは豊富な人のことを指すらしいのです。

成功法則本を読んで、その気になったり、ただ感心するだけにも関わらず、ついつい追いかけてしまうのはなぜでしょう。


“成功法則を学ぶ前に一円を作り出す術を体得せよ” の詳細は »

 

アクセスアップに困っているWEB担当者の実態

とにかくウェブサイトはアクセスが慢性的に不足することが多く、アクセスアップはWEB担当者の最大の悩みであり、ずっと付きまとう課題です。

アクセスアップの記事が人気があるのは、そうした背景があるからですが、アクセスアップ系の記事や電子マニュアルを読んだところで実行しないWEB担当者も多いのも事実です。


“アクセスアップに困っているWEB担当者の実態” の詳細は »

メタタグの誤用など直ぐにでも修正できるチェックポイント

数多くのウェブサイトを見ていると、思わず勿体無いと叫んでしまいそうなミスがたくさん見つかることがあります。

SEOを生業としていると、クセとしてソースを見る、という行動があるのですが、もはや職業病と言うかSEO病と言ってもいいかもしれません。

SEOに疎くても修正できるチェックポイントをいくつか挙げてみたいと思います。


“メタタグの誤用など直ぐにでも修正できるチェックポイント” の詳細は »

 

オンライン広告の掲載ポジションとユーザビリティ

オンライン広告の掲載ポジションとユーザビリティについて考えてみたいと思います。

オンライン広告は、インターネットビギナーにとっては特に意識することなくクリックするもののようですが、少しばかり慣れてくると広告であることを意識しだすようです。

広告と認識した場合、ほとんどのインターネットユーザーは嫌悪感を抱くという情報もあります。


“オンライン広告の掲載ポジションとユーザビリティ” の詳細は »

1ページあたりのコンテンツボリュームと広告の関係

1ページあたりの文字数はどれぐらいが適当か、という疑問を抱いている人が多いようです。
恐らくアドセンス広告をウェブサイトに掲載する場合は、500文字以上が必要である、という実しやかな情報が氾濫したためかもしれません。

アドセンス広告の話と絡めて1ページあたりのコンテンツボリュームについて考えてみます。


“1ページあたりのコンテンツボリュームと広告の関係” の詳細は »