手法

「詳細はこちら」「ここをクリック」のアンカーテキストの効果

ウェブサイト上で誘導したいリンクのアンカーテキストによく用いられているのは「詳細はこちら」「ここをクリック」などの言葉です。

アンカーテキストとは、リンクの文字列のことですが、果たしてこれらのテキストリンクは、本当に誘導に最適なテキストなのでしょうか。
ちょっと疑ったりしたことはありませんか?


“「詳細はこちら」「ここをクリック」のアンカーテキストの効果” の詳細は »

アクセスアップの原理原則は人が人に伝えるという事実から

ブログのアクセスアップについて、秀逸な記事はたくさんありますが、フォーマルなブログとインフォーマルなブログとでは、同じ戦略ではありません。

フォーマルなブログは企業のビジネスブログや氏名を公表してのナレッジベース的なブログを、インフォーマルなブログは匿名での話題提供型ブログや日記系のブログと便宜上定義付けします。


“アクセスアップの原理原則は人が人に伝えるという事実から” の詳細は »

バックリンクのメンテナンスは被リンクツールと目視の併用で

リンクのメンテナンスは定期的に行ってください。
ここでのリンクは当然、外部リンクです。

デッドリンクをページに残すことほど、無意味なことはありません。
デッドリンクは早急にページから削除しましょう。


“バックリンクのメンテナンスは被リンクツールと目視の併用で” の詳細は »

究極の選択と言うのは大げさかSEOのインハウスとアウトソースの問題

SEOの内製化と外注化で悩んでいる経営者の方にとっては、まさのこの問題は、究極の選択に等しいものと思います。

我々SEOエキスパートの立場からすると、どんどん外注化を促進して欲しいところではありますが、客観的に見てみますと、やはりメリットデメリットはあるわけですね。

イチSEOエキスパートとしては、判断基準程度は提供してあげられると思います。


“究極の選択と言うのは大げさかSEOのインハウスとアウトソースの問題” の詳細は »

 

SEOエキスパートは先輩の背中を見て育つものではない

SEOの内部要因は、タイトル、meta情報、h1タグ、そして内部リンクのアンカーテキストが主な作業内容です。
もちろん本文や画像のalt属性についても重要な作業内容ですが、少なくとも最優先して取り組んで欲しいのは、冒頭の項目であろうかと思われます。

この内部要因の最適化は、ページ数が多ければ、非常に煩雑になるので、多少面倒ではありますが、図解つまり可視化できるように資料としてまとめておくとメンテナンス時に便利です。


“SEOエキスパートは先輩の背中を見て育つものではない” の詳細は »

ビジネス戦略としての掲示板の運営はもはやメリットは無いのか?

掲示板のスレッドを直接検索でヒットさせるには、どうすれば良いでしょうか?

特に、Yahoo!知恵袋などのQ&Aサイトでは、キーワードに関連するスレッドが検索結果に表示されていたりしますから、掲示板を利用した集客も戦略のひとつとして検討の余地はありそうです。

“ビジネス戦略としての掲示板の運営はもはやメリットは無いのか?” の詳細は »

 

オンラインマーケティングの作業内容効率化の手順

理想的なオンラインマーケティングの作業というはの、それぞれ意見が異なると思いますが、必要な作業がいくつあって、どれだけの時間を割いているのかを、客観的に把握しておくことは必要ではないでしょうか。

優先順位の高い作業には多くの時間を割くことは、業務効率化の観点からも大切なことですし、時間をかけた割には、効果の少ない作業は、見直しをしなければなりません。


“オンラインマーケティングの作業内容効率化の手順” の詳細は »

ネットショップでプレゼントを持ち逃げされないコツ

ネットショップでは無料プレゼントの企画が目白押しです。
楽天市場などでは、キャンペーンを実施しているショップがたくさんあり、これだけでお得感が満たされます。

それだけに楽天市場には、たくさんの人が訪れるわけですが、無料プレゼント企画で一番の課題である、企画に参加したお客さんが商品を買わずにショップサイトから離脱するケースについて考えてみます。


“ネットショップでプレゼントを持ち逃げされないコツ” の詳細は »