seo塾

SEOの迷信と戦うのがSEOエキスパートと胸を張って言えるかどうか

SEOに纏わる迷信や都市伝説は、インターネット上にゴロゴロ落ちています。

どれを信用していいのか、という悩みを持っておられる方もいますが、一番確実な情報と言うのは、実は、自らの体験で得た情報なんですよね。

これは誰もが否定し難いものだと思いますよ。


“SEOの迷信と戦うのがSEOエキスパートと胸を張って言えるかどうか” の詳細は »

企業の強みと現場の声を基にシナリオを描く戦略的SEO

戦術が注目されるSEOですが、戦略を持てないSEOは上位表示しか成果として現れません。

戦略と戦術を混同しないために、ここで整理しておきますと、戦略は戦い方についての方針や戦力分析に基づく戦闘計画を意味し、戦術は戦略に基づく具体的な手段による戦闘方法を指します。

SEOの戦略とはどういうものでしょうか。


“企業の強みと現場の声を基にシナリオを描く戦略的SEO” の詳細は »

更新頻度がSEOに有効となるのは不自然でない場合

更新頻度を上げるとSEOに有効という情報について考察してみます。

情報をそのまま鵜呑みにした場合は、ブログが圧倒的に有利ですね。
ホームページの場合は、更新の手間が煩雑になることも多く、ブログのように手軽に更新ということには不向きです。

では、ブログがホームページをSEOで有効さを上回るのでしょうか。


“更新頻度がSEOに有効となるのは不自然でない場合” の詳細は »

SEO初心者が犯しやすい失敗や落とし穴をピックアップ

SEO初心者が犯しやすい失敗や落とし穴をピックアップしてみます。

これから書き記すことに該当したSEO初心者は、ショックを受ける必要はありません。
SEOに携わっている人のほとんどが経験しているであろうことだからです。

でも、この経験を早くしていれば、一皮向けることも早いのではないですか。


“SEO初心者が犯しやすい失敗や落とし穴をピックアップ” の詳細は »

 

SEOエキスパートを目指すSEOビギナーの壁とは

SEOエキスパートの定義は明確なものはありません。
SEOの実力や実績はともかく、名乗ってしまえばSEOエキスパートに今日からでもなれるという有様ですが、安易な宣言は自分のためにはなりませんね。

SEOビギナーがSEOエキスパートとして第三者から認められるためには、どういう壁を乗り越える必要があるのでしょうか。
マインド面や実務面から考えてみたいと思います。


“SEOエキスパートを目指すSEOビギナーの壁とは” の詳細は »

なぜ商品説明文はコピーされてもスパムにはならないのか

なぜ商品説明文はコピーされてもスパムにはならないのか、と考えたことはありますか。

ショッビングサイトでは無数の商品が販売されていますが、同じ商品を複数のショッピングサイトが販売していることは珍しいことではありません。

むしろそれが当たり前なのはネット通販だけでなくデパートやスーパーでも同様ですね。


“なぜ商品説明文はコピーされてもスパムにはならないのか” の詳細は »

 

メタタグの誤用など直ぐにでも修正できるチェックポイント

数多くのウェブサイトを見ていると、思わず勿体無いと叫んでしまいそうなミスがたくさん見つかることがあります。

SEOを生業としていると、クセとしてソースを見る、という行動があるのですが、もはや職業病と言うかSEO病と言ってもいいかもしれません。

SEOに疎くても修正できるチェックポイントをいくつか挙げてみたいと思います。


“メタタグの誤用など直ぐにでも修正できるチェックポイント” の詳細は »

被リンクは必要で発リンクは不要を唱える人は人間関係を見よ

リンクはSEOにとっては重要な要素のひとつですが、SEOを語る上で被リンクの重要性を説くことは多いのですが、発リンクに至ってはマイナスとなるような記述もあり、実際のところはどうなのかと、疑問に思っている人は多いのではないでしょうか。

検索エンジンがウェブサイトを評価する上で、被リンクによる支持の多さと発リンクによる関連深いサイトの紹介があれば、そのウェブサイトはユーザーにとって有効な情報を保有し、かつ参考となるサイトとして推されていると判断するでしょう。


“被リンクは必要で発リンクは不要を唱える人は人間関係を見よ” の詳細は »

 

被リンクを獲得するためのディレクトリ登録型サイトの価値判断

登録制リンクサイトへの登録は、被リンクの獲得に貢献するかどうかは、そのリンクサイトの価値を見極めなければ結論付けが出来ません。

日本で最大級の信頼性と規模を誇るのが、Yahooカテゴリですが、Yahooカテゴリへの登録は、ビジネスサイトは審査制であり有料です。
非営利サイトの登録は無料ですが、かなりハードルが高いことが特徴です。


“被リンクを獲得するためのディレクトリ登録型サイトの価値判断” の詳細は »

ロングテール戦略のために1ドメインのインデクス数の平均値を知る

ロングテールを拾うには、インデクス数がモノを言うことがあります。
大規模サイトが売上げを上げるのは、商品数の多さもひとつの武器になっています。

売れるかどうかわからないものまで、通販商品として品揃えしていることろに、強さの秘密があります。
例え、1アクセスでも期待できるのなら、ウェブページにしておき、そこからメインサイトや他の商品へのリンクを貼るという戦略です。


“ロングテール戦略のために1ドメインのインデクス数の平均値を知る” の詳細は »