ビジネス

SEOサービス導入時の格言「価格に正比例すると思うな」

SEOの導入を検討している企業に対して、どのような期待を抱いているのかを考えると、まず上位表示となるでしょう。

SEOは上位表示の技術と言ってしまうのは、実は間違ってはいませんが、正しくない情報です。
上位表示は集客プロセスの過程において、出来れば達成しておきたい項目のひとつでしかありません。

SEOは集客プロセスの構築であり、サービスや製品のコンバージョンまでが面倒を見る範囲です。


“SEOサービス導入時の格言「価格に正比例すると思うな」” の詳細は »

広告を食い物にするアフィリエイターに配信しない

コンテンツ連動型広告を利用して、結構な報酬を計上しているアフィリエイターは数多く居ます。

アフィリエイターの存在を否定するわけではありません。
ただ、コンテンツ連動型広告が、今後、利用価値がある広告サービスなのかを考えると、疑問に思うことはありますよね。

広告主である企業にとって、クリック報酬を提供しているのは、他ならぬ広告主なのですから。


“広告を食い物にするアフィリエイターに配信しない” の詳細は »

成功法則を学ぶ前に一円を作り出す術を体得せよ

成功法則マニアという言葉を知ったのは、ごく最近のことです。

どういう意味かというと、成功法則に関する書籍や文献、ネット上の記事などを読み漁り、自身も成功者を目指しているが現状から抜け出せずに、成功法則の知識だけは豊富な人のことを指すらしいのです。

成功法則本を読んで、その気になったり、ただ感心するだけにも関わらず、ついつい追いかけてしまうのはなぜでしょう。


“成功法則を学ぶ前に一円を作り出す術を体得せよ” の詳細は »

オンライン広告の掲載ポジションとユーザビリティ

オンライン広告の掲載ポジションとユーザビリティについて考えてみたいと思います。

オンライン広告は、インターネットビギナーにとっては特に意識することなくクリックするもののようですが、少しばかり慣れてくると広告であることを意識しだすようです。

広告と認識した場合、ほとんどのインターネットユーザーは嫌悪感を抱くという情報もあります。


“オンライン広告の掲載ポジションとユーザビリティ” の詳細は »

 

1ページあたりのコンテンツボリュームと広告の関係

1ページあたりの文字数はどれぐらいが適当か、という疑問を抱いている人が多いようです。
恐らくアドセンス広告をウェブサイトに掲載する場合は、500文字以上が必要である、という実しやかな情報が氾濫したためかもしれません。

アドセンス広告の話と絡めて1ページあたりのコンテンツボリュームについて考えてみます。


“1ページあたりのコンテンツボリュームと広告の関係” の詳細は »

インターネット広告のバナー広告はなぜクリック率が悪いのか

インターネット広告は、どれが良いのかわからない、という悩みはWEB担当者には多いでしょう。
初めてネットビジネスに参入する場合でも、同様の悩みはあるかもしれないですよね。

ただ、ネットビジネスの経験が長くなるにつれ、悩みの種類が変わってきます。
「どれが良いか」より「どれが適切か」という悩みになっていくのです。


“インターネット広告のバナー広告はなぜクリック率が悪いのか” の詳細は »

 

もっと検索エンジンのことを知る努力をしよう

検索エンジンのことをどれほど知っているかを確認することは、SEOの作業をする上での実務遂行能力を計るバロメーターとなります。

検索エンジンは情報のデータベースですが、ウェブ上で競合するビジネスサイトの動向を見るための最も有効なツールです。
ライバルのウェブサイトの動向を追跡することで、自社サイトの戦略の見直しや戦術の再選択、SEOの強化など課題とその対策を打ち出すことが可能になります。


“もっと検索エンジンのことを知る努力をしよう” の詳細は »

そもそもウェブマーケティングって何?という疑問に答えます

オンラインで行われるマーケティングの目的は、インターネットに馴染みの無い方にとっては、なかなか理解しにくいようですね。
そこで、こういう場所で、少しでも理解してくれればと思いまして、オンラインマーケティングについて書いてみることにしました。

ウェブマーケティングとオンラインマーケティングの違いは何か、ということから始めると、ウェブサイトやウェブ技術を駆使したマーケティングが前者で、後者は、前者にプラスして事業展開とネットワーク構築も含んだものと解釈していれば、よろしいのではないでしょうか。


“そもそもウェブマーケティングって何?という疑問に答えます” の詳細は »

 

商談相手がSEO経験者と全くのド素人では成果が既に見えている気がする

SEOサービスで、そそられるセールストークと言えば、安いこと、上位表示が高確率なこと、などでしょうか。
これらは全て表面的なSEOでしかありません。

もし、高確率で上位表示が実現したならば、なぜ、そこの業者に世界中からオファーが来ないのでしょうか?
安いのは、外注にSEO施策を出しているから、とも考えられませんか?


“商談相手がSEO経験者と全くのド素人では成果が既に見えている気がする” の詳細は »

SEOはリスティング広告市場に埋もれてしまう運命なのか

SEOとリスティング広告の同時利用は、もはや一般的・・・でもなさそうです。
どちらかと言うと、リステイング広告の方が食いつきはいいですよね。

現実的な話として、リスティング広告市場の伸びは、SEOのそれを上回ってますしね。
SEOはどうしても成果が見えるのが一ヶ月以上かかるので、長期的な戦略には向いていると思いますが。


“SEOはリスティング広告市場に埋もれてしまう運命なのか” の詳細は »