「詳細はこちら」「ここをクリック」のアンカーテキストの効果

ウェブサイト上で誘導したいリンクのアンカーテキストによく用いられているのは「詳細はこちら」「ここをクリック」などの言葉です。

アンカーテキストとは、リンクの文字列のことですが、果たしてこれらのテキストリンクは、本当に誘導に最適なテキストなのでしょうか。
ちょっと疑ったりしたことはありませんか?


“「詳細はこちら」「ここをクリック」のアンカーテキストの効果” の詳細は »

SEOの迷信と戦うのがSEOエキスパートと胸を張って言えるかどうか

SEOに纏わる迷信や都市伝説は、インターネット上にゴロゴロ落ちています。

どれを信用していいのか、という悩みを持っておられる方もいますが、一番確実な情報と言うのは、実は、自らの体験で得た情報なんですよね。

これは誰もが否定し難いものだと思いますよ。


“SEOの迷信と戦うのがSEOエキスパートと胸を張って言えるかどうか” の詳細は »

SEO専門バカにならないための「逆T字」「山型」スキル習得

SEO担当者だからと言って、SEOだけに没頭すると「専門バカ」になってしまい、思考の多様性が欠落してしまうことは避けたいものです。
いろいろと経験して、得意分野外は広く浅く勉強していこうではありませんか。

能力やスキルは「逆T型」や「山型」を目指すといいかもしれません。
逆T型はひとつの能力やスキルを得意とすることで、山型は専門分野の補完する複数の能力やスキルを有するイメージです。


“SEO専門バカにならないための「逆T字」「山型」スキル習得” の詳細は »

企業の強みと現場の声を基にシナリオを描く戦略的SEO

戦術が注目されるSEOですが、戦略を持てないSEOは上位表示しか成果として現れません。

戦略と戦術を混同しないために、ここで整理しておきますと、戦略は戦い方についての方針や戦力分析に基づく戦闘計画を意味し、戦術は戦略に基づく具体的な手段による戦闘方法を指します。

SEOの戦略とはどういうものでしょうか。


“企業の強みと現場の声を基にシナリオを描く戦略的SEO” の詳細は »

 

SEOコンサルタントにSEO業務を依頼する時の注意点

ビジネスサイトのSEO業務を外部に委託することは、社内にSEOエキスパートがおらずに、やむなく依頼するというパターンと、WEB担当者への教育も兼ねた依頼との、おおよそ二通りの理由があるのではないでしょうか。

もちろん、ビジネスサイトを大きく成長させるための戦略として、SEOコンサルタントに投資するということもあるでしょう。

SEOコンサルタントにSEO業務を依頼する場合は、どんな点について注意するべきなのでしょうか。


“SEOコンサルタントにSEO業務を依頼する時の注意点” の詳細は »

Googleのページランク至上主義神話は崩壊したのか

ページランク神話が崩壊しつつある現在では、Googleツールバーのページランクを表す緑色のバーは何を意味するのかを考えなくてはなりませんね。

元々ページランクは、ウェブサイトのリンク構造をGoogle独自の評価基準によって、ゼロから10までの数字で表したものです。
ページランクが高ければSEOに有利という情報が出回りましたが、単に被リンクを増やして内部リンクを最適化しつづければ、ページランクの数値は上がっていきました。


“Googleのページランク至上主義神話は崩壊したのか” の詳細は »

 

SEOサービス導入時の格言「価格に正比例すると思うな」

SEOの導入を検討している企業に対して、どのような期待を抱いているのかを考えると、まず上位表示となるでしょう。

SEOは上位表示の技術と言ってしまうのは、実は間違ってはいませんが、正しくない情報です。
上位表示は集客プロセスの過程において、出来れば達成しておきたい項目のひとつでしかありません。

SEOは集客プロセスの構築であり、サービスや製品のコンバージョンまでが面倒を見る範囲です。


“SEOサービス導入時の格言「価格に正比例すると思うな」” の詳細は »

ツイッターはSEOよりソーシャルメディアとして利用する方がベターでしょう

ツイッターを利用したマーケティングに関する書籍が増えています。

成功事例もたくさんインターネット上で公開されていて、まだまだ、登録者は増えるでしょうが、相変わらずネットに関わる人だけのトピックであり、一般的には関心は薄いようです。

こんなもんですよね・・・。


“ツイッターはSEOよりソーシャルメディアとして利用する方がベターでしょう” の詳細は »

 

ディスプレイの大型化と横幅ワイド化に柔軟に対応する

ワイドなディスプレイが流行ってます。
縦長のディスプレイは流行らないですね。
ウェブサイトは縦長ですから、縦長のディスプレイだと、スクロールの手間が省けていいのではないかなと思うのですが。

ディスプレイが大型化されるに従って、ウェブサイトも昔よりは見やすくなったことでしょう。
ただ、配慮の足りないウェブサイトも依然として存在しています。


“ディスプレイの大型化と横幅ワイド化に柔軟に対応する” の詳細は »

更新頻度がSEOに有効となるのは不自然でない場合

更新頻度を上げるとSEOに有効という情報について考察してみます。

情報をそのまま鵜呑みにした場合は、ブログが圧倒的に有利ですね。
ホームページの場合は、更新の手間が煩雑になることも多く、ブログのように手軽に更新ということには不向きです。

では、ブログがホームページをSEOで有効さを上回るのでしょうか。


“更新頻度がSEOに有効となるのは不自然でない場合” の詳細は »