検索エンジンを運営する立場になればSEO対策が見えてくる

ドメインを新規に取得すると、検索エンジンにインデクスされにくい現象は、確かにあります。

ドメインエイジングフィルターによる時限措置でしょうが、考えてみれば、どこの馬の骨かわからないようなサイトを、いきなり検索結果の上位に表示して、ユーザーに対して良質なコンテンツであることを告げるようなことはしないですよね。

検索エンジンを運営する立場になって見れば、一定期間はそこそこのポジションで様子を見ることは頷けます。


“検索エンジンを運営する立場になればSEO対策が見えてくる” の詳細は »

内部SEOも外部SEOも全てはコンバージョンのために

内部SEOと外部SEOのコストを比較すると、明らかに外部SEOへのコストの方が高くつきます。

内部SEOは、タイトルや見出しといった数箇所を最適化すればいいですが、外部SEOは相互リンク相手の探索とアプローチ、リンク成立のプロセスに多大な時間と労力が必要になります。

特に、被リンク獲得においては、有力サイトを中心にターゲットを絞るとなお更です。


“内部SEOも外部SEOも全てはコンバージョンのために” の詳細は »

ツイッターはSEOよりソーシャルメディアとして利用する方がベターでしょう

ツイッターを利用したマーケティングに関する書籍が増えています。

成功事例もたくさんインターネット上で公開されていて、まだまだ、登録者は増えるでしょうが、相変わらずネットに関わる人だけのトピックであり、一般的には関心は薄いようです。

こんなもんですよね・・・。


“ツイッターはSEOよりソーシャルメディアとして利用する方がベターでしょう” の詳細は »

動画サービスを利用しての個人生放送でのセミナーは検討の余地あり?

動画サイトで何かセミナーっぽいこと出来ないかなあと考えたりするわけですが、いががなもんでしょう。
ニコニコ動画なんて、生放送枠があるんですね。
プラットフォームはどこでも良いとして、動画はビジネス戦略では欠かせないものになりつつあると思います。

ある程度は、無料配信してですよ、その後とは会員のみとかね。
遠方の方でも動画配信または生中継なら、コストの負担も軽くなりますよね。


“動画サービスを利用しての個人生放送でのセミナーは検討の余地あり?” の詳細は »

 

インフォプレナーの集客キーワードは「共感・感動・モチベーション」

インフォプレナーという情報を売るビジネスモデルを実践するネットマーケターとしての起業が、一時期ブームを起こしました。
ブームと言っても日本全体のブームではなく、ネット界隈だけに限ったブームです。

元々はアメリカのビジネスモデルということです。

そのやり方には賛否両論渦巻いているのですが、結論から言うと心理操作中心という面も否めません。

“インフォプレナーの集客キーワードは「共感・感動・モチベーション」” の詳細は »

検索連動型広告で犯してはならない間違いとは

検索連動型広告をいきなり導入することは非常にリスクが高いのはご存知だと思います。

ネット上の出所不明な検索連動型広告のノウハウを手に入れて、実践しようものなら、痛い目にあうことは必至です。
その手のノウハウは、その人のやり方の説明であって、本質を捉えたものではないことが多いため、失敗の確率が高くなるわけです。

盲目的にセールスページを信じた人は、ご愁傷様ですね。


“検索連動型広告で犯してはならない間違いとは” の詳細は »

 

SEOマインドを持つことは社会貢献への意気込みを示すこと

SEOの基本はテクニックではありません。

SEOで何を成し得るのかを方針として持っているかどうか、つまりSEOマインドのあり方です。
上位表示すること、だけではあまりにも小さすぎますよね。

SEOサービスを手がけるのなら、もっと大きな使命を持って取り組むべでは無いでしょうか。


“SEOマインドを持つことは社会貢献への意気込みを示すこと” の詳細は »

更新頻度がSEOに有効となるのは不自然でない場合

更新頻度を上げるとSEOに有効という情報について考察してみます。

情報をそのまま鵜呑みにした場合は、ブログが圧倒的に有利ですね。
ホームページの場合は、更新の手間が煩雑になることも多く、ブログのように手軽に更新ということには不向きです。

では、ブログがホームページをSEOで有効さを上回るのでしょうか。


“更新頻度がSEOに有効となるのは不自然でない場合” の詳細は »

 

「詳細はこちら」「ここをクリック」のアンカーテキストの効果

ウェブサイト上で誘導したいリンクのアンカーテキストによく用いられているのは「詳細はこちら」「ここをクリック」などの言葉です。

アンカーテキストとは、リンクの文字列のことですが、果たしてこれらのテキストリンクは、本当に誘導に最適なテキストなのでしょうか。
ちょっと疑ったりしたことはありませんか?


“「詳細はこちら」「ここをクリック」のアンカーテキストの効果” の詳細は »

企業サイトが失敗する原因は企業文化との衝突にあり

企業サイトを制作して、運営していくに当たって、何を目的に企業サイトを立ち上げるかは、特に問題になることはありません。
単純に、販路拡大の手段であったり、企業ブランドの価値増大であったりと、その期待は非常に大きいものがあります。

しかし、実際に企画設計段階で、最も厄介なことは、キーワードの選定やターゲット設定などの戦略論の部分ではなく、もっと根深いところにあるのです。


“企業サイトが失敗する原因は企業文化との衝突にあり” の詳細は »